前髪の薄毛が男性に多い理由は、男性型脱毛症であるAGAは前髪から薄毛になることが多いからです。

AGAは、男性ホルモンが髪の根元にある特殊な酵素によってDHTという物質にかわってしまうことにより脱毛が起きます。前髪はDHTが発生しやすい場所です。そのため、前髪の薄毛は男性に起きやすいのです。

髪の毛が薄くなった場所が前髪であるときには警戒しなければいけません。AGAは進行性の脱毛症ですし、男性ホルモンの分泌が盛んな若い時期のほうが進行が早いです。薄くなってきたけれど若いから平気、と、思っているうちに進行してハゲてしまうこともあります。

AGAは進行性の脱毛症です

AGA(エージーエー)の特徴として、進行性の脱毛症であることを覚えておくと良いです。進行のパターンには額の生え際から薄くなっていくタイプと頭頂部から薄くなっていくタイプ、この二つが混合しているタイプなどがあります。

前髪だけで終わるとは限りませんし、放っておくとどんどんはげていく可能性があります。進行性の脱毛症であることを考慮に入れて適切な対策をすることが必要となります。

AGAは加齢が原因ではなく、DHTが原因です。DHTが原因となって髪が抜けていくため、ホルモン分泌が盛んな若い時期のほうが抜けやすいということも覚えておくとよいです。

AGAへの正しい対策について

ホルモン分泌の盛んな若い時期に進行する可能性が高いため、若いから放置ではなく、若いから治療を受けると考えたほうが賢明です。できれば専門病院に行って、適切な治療を受けたほうが良いです。

生活習慣も関係しますので、髪の毛の洗い過ぎや睡眠不足、栄養バランスの悪い食事、運動不足、ストレスの溜めすぎ、過度の飲酒、喫煙などにも注意が必要です。

髪の毛は1日1回、正しく洗うことが大切です。過剰なヘアケアは事態を悪化させますので注意しましょう。

紫外線も髪や頭皮にダメージを与えますので、帽子を被るなどして紫外線から守ることも大切です。育毛剤を使えば治るという単純なものではないので、正しく対策するようにしましょう。