頭皮をたたく育毛法は、テレビやyoutubeの影響もあり、巷にかなり広まっています。

ブラシを買ってきてトントンと肩を叩くように頭皮を叩いたりすることを日課にしている人もいますが、これについては誤った育毛法でもあるのです。

頭皮をたたいてはいけません。頭皮をたたいた場合、頭皮や毛細血管などの皮下組織にダメージを与え、最悪組織を壊してしまうことがあります。

頭皮の血行をよくしたい場合、育毛マッサージ(頭皮マッサージ)やツボ(指圧)がおすすめです。ただし育毛マッサージ は、5分が目処です。

過剰なブラッシングは不要

ブラッシングは、頭皮の血行を促進し、育毛によいという情報があるそうです。しかし過剰なブラッシングは、柔らかい頭皮を傷付けたりします。頭皮が傷付けば、育毛も期待できなくなります。

なおブラッシングは、洗髪前に髪のもつれを解消したり、ゴミを取り除くものです。頭皮の血行をよくしたい場合、育毛マッサージ(頭皮マッサージ)やツボ(指圧)がおすすめです。ただし育毛マッサージ は、5分が目処です。ブラッシングと同様に育毛マッサージもやり過ぎてはいけません。

過剰なマッサージは脂っぽくなる

AGA克服には、育毛マッサージ(頭皮マッサージ)は重要です。しかし過剰な育毛マッサージは、頭皮を傷付けたり、皮脂の過剰な分泌の原因となります。

つまり過剰な育毛マッサージは、逆効果になることもあります。育毛マッサージは、5分が目処です。なお育毛マッサージは、育毛剤やツボ(指圧)と組み合わせると相乗効果が期待できます。

皮脂の取り過ぎは乾燥するだけでフケが増える

過剰な皮脂は、脂漏性脱毛症の原因となります。しかし皮脂には、頭皮を守る働きがあり、取り過ぎてはいけません。皮脂が少な過ぎれば、粃糠性脱毛症の原因となります。

つまり皮脂は、少な過ぎても多過ぎてもよくないのです。皮脂全てが育毛によくないという認識を捨てることが重要です。なお洗髪する場合、皮脂が少ないのか、多いのか自分の頭皮の状態をチャックし、シャンプーを選択する必要があります。皮脂を完全に取るような洗浄力の強いもに注意する必要があります。