pixta_17769549_l

皮膚科は薄毛の進行を食い止めるのが基本

AGAの治療を受けようと思ったとき、AGA治療専門医と普通の皮膚科のどちらに行っても治療は可能です。

しかし、AGA治療専門医と皮膚科では治療内容に違いがあります。皮膚科ではAGAの原因となる男性ホルモンの作用を抑制させるプロペシアを処方されるだけということがほとんどです。

プロペシアだけではAGAによる薄毛の進行を一時的にストップさせる程度の効果しかなく、薄毛は進行しないものの現状を維持するにとどまることが多いのです。

皮膚科は基本的に皮膚症状のトラブルがあったときに最低限の回復をさせる治療のみが行われるため、踏み込んで発毛を促すまでには至らないようです。

AGA治療専門医なら総合的な治療が可能

一方AGA治療専門医は皮膚科と違い、AGAの症状改善を専門的に行っています。症状を改善させるということは、薄くなっている髪を再生させて健康な髪を増やすということです。

治療方法はプロペシアの処方だけではなく、発毛を促進させるミノキシジルや髪の健康を促進させるサプリメントの使用などが挙げられます。

その他有効成分を頭皮に直接注射する育毛メソセラピーと呼ばれる方法など、発毛に関する総合的なアプローチで治療を行ってくれるのです。

これらの治療によって薄毛の進行を食い止めるだけではなく発毛も期待できるというわけです。

もちろん費用的な面で上を見ればきりがないですが、それだけ発毛治療のノウハウはたくさん持っているのはAGA治療院の信頼できる要素となっています。

ちなみに皮膚科でプロペシアを処方してもらっても、AGAクリニックでもどちらも保険は適用されない自由診療となります。費用は全額負担となりますが、最近はAGAクリニックが増えてきたため価格競争が起こっており、AGAクリニックの方が安く処方してもらえます。

カウンセリングや検査で一人ひとりに寄り添う専門医

AGA治療にあたっては皮膚科でも問診がありますが、AGA治療専門医では髪の状態や悩みに関してこと細かくカウンセリングをしてくれるところに皮膚科との違いがあります。

また薄毛の症状は人それぞれに状態や症状が異なります。そのためAGA治療専門医は血液検査や遺伝子検査などを詳細に行って、薄毛の原因についてそれぞれの状態を突きとめてくれるのです。

そして細やかなカウンセリングや検査によって一人ひとりに合った治療法が提案されます。これによって患者さんにとって適切な治療を受けることができるわけです。

AGA治療専門医は患者さんの気持ちや状態などに寄り添って治療を進めてくれる強い味方です。

自分の状態に合わせて治療を選ぶ

普通の皮膚科とAGA治療専門医では治療方法やカウンセリングの細かさなどに違いがあります。どちらで治療を受けるかは自分の状態に合わせて選ぶこともできます。

例えば最近髪が薄くなってきた気がするけれどまだ進行は浅いということなら、とりあえず薄毛の進行を止めるために皮膚科でプロペシアを処方してもらってもよいでしょう。薄毛の進行が激しく見た目にも目立つようになってきたら、本格的な発毛も合わせて行えるAGA治療専門医の門をたたくのがおすすめです。

AGAは進行が進めば進むほど悩みも深くなりますし、症状の改善にも時間がかかります。そんなときはAGA治療専門医の力を借りてみましょう。