髪の毛は20代をピークに徐々に細くなっていきますので、30代頃になると全体的にボリュームが減ってきたと感じる方も多くなります。

人によっては薄毛状態になってしまいますが、30代と言えばまだまだ若い世代ですので悩みになってしまう事もあるものです。

やはり髪の毛のボリュームのある30代でありたいものですが、その為には対策が必須になります。

対策方法はいくつかあるのですが、まずは髪の毛にとって必須の栄養素を補うようにする事が基本と言えます。

丈夫な髪の毛を育む為には栄養が必須になりますので、まずはバランスの良い食事を摂取する必要があります。

髪の毛の為に摂取したい栄養素としては、まずタンパク質があります。

髪の毛はタンパク質によって作られていますので、不足してしまうとどうやっても丈夫な髪の毛は育ちません。

特に食事制限を行うダイエットをされている方はタンパク質不足になっている事が多々ありますので注意が必要です。


 

他にも亜鉛などのミネラルも必須です。

タンパク質を生み出す為の必須成分になりますので、併せて摂取すると良いでしょう。

30代の薄毛対策としては、きちんと眠る事も必要不可欠です。

髪の毛にとって睡眠というのは非常に重要であり、しっかりと眠った日の翌日と夜更かしをした日の翌日の髪の毛の状態を比べてみると、ハリコシに差が付く事もあります。

きちんと眠らないだけで弱々しいボリュームの髪の毛になってしまいますが、それだけ睡眠は髪の毛に与える影響が大きいという事です。

当然の事ながら髪の毛の為にはきちんと眠る必要がありますので、毎日十分な睡眠を確保できるようにしなければいけません。

他にも血流促進も重要なポイントです。

栄養素は血流によって毛根に運ばれていく訳ですが、血流が悪い状態では必要な栄養素が毛根に行き届き難くなります。

その結果、丈夫な髪の毛が育ち難くなりますので、血流を良くする為にも血液をサラサラにするような食事内容、適度な運動、禁煙、ストレスを溜めないなどの対策をする事が大切です。