育毛剤はすぐに効果出ませんから、最低でも3か月から半年、効果を実感しながら使い続けられる育毛剤を選ぶ必要があります。

育毛剤を使い続けるためにも特徴がそれぞれ異なりますので、どれが自分に合っているのかを理解しておいた方が良いでしょう。

私も30代で育毛を始める時は、育毛剤を選ぶときに慎重にはなりましたが、情報が不足していたためにAGAに効果がない育毛剤を選んでしまって後悔したことがあります。

このようなことが起こらないためにも、どれが自分に合っている育毛剤なのか選ぶポイントをまとめてみました。

育毛剤を選ぶポイント

自分のハゲ方に効果のある育毛剤なのか

まずAGAと思われる人は、必ずAGAに効果のある育毛剤なのかどうかを確認しましょう。

AGAがわからなければこちら

AGAに効果のある成分は「 フィナステリド(プロペシア)」、天然植物エキスですと、「 ヒオウギエキス オウゴンエキス」になります。

これは特に大事な項目で、これを見誤ると育毛剤を使っても効果を感じられないということになってしまいます。

もしも生え際や頭頂部の薄毛に悩んでいる場合は、特化した育毛剤を選んだほうが効果は期待できるでしょう。

独自の育毛成分が入っているか

次に注目すべきは販売会社独自の育毛成分がアピールされているかです。

これがない育毛剤は他社との違いは無く、どれも同じような育毛効果であると言えます。

気になっている 育毛剤の成分比較をするとともに、それぞれの公式サイトを覗いてみるといいかもしれません。

公式サイトにはその育毛剤を特化させて作られているかが書かれていますので。

発毛方法が理解できるか

育毛剤によって発毛方法は異なるわけですが、この発毛方法は理解できるかが重要です。

この発毛方法が理解できずに使い始めると、なかなか効果が出ない時に育毛剤の効果を疑い続けられなくなります。

何となく効果がありそうだからと使い始めてしまうと、自分にあった育毛剤かどうかがわからないため、信じ続けられないということになります。

価格を確認

人によってはここが一番重要になってくると思いますが、およそどれくらい費用がかかるのかを確認しましょう。

ドバドバ使わなければ 育毛剤の量はおよそ一ヶ月~二ヶ月の使用量だと考えてください。

最低三ヶ月は使わないと効果が感じられません。

例えば、半年間は使い続けてみると考えている場合は3本~6本の購入になるので、その計算をしましょう。

定期コースに申し込めば予算を抑えられますので、効果的に活用をするといいでしょう。

育毛剤を選ぶポイント(使用感)

副作用があるか

肌が弱い人にとってはかなり重要な項目ですが、使おうを考えている育毛剤に副作用があるかを確認しましょう。

医薬部外品の育毛剤なら副作用はありませんが、医薬品のプロペシアやリアップは副作用が強力なので気をつけましょう。

副作用とは別に頭皮が荒れている場合は痛みやかゆみが発生する場合がありますので注意が必要です。

臭いが強いかどうか

育毛剤を購入する前はわかりにくいことではありますが、臭いがあるかどうかは確認しておくと良いでしょう。

無味無臭なら良いのですが、育毛剤によってはアルコール臭が強いものもあります。

満員電車に乗る場合、営業で取引先の人と会う場合など、人と接する機会は多いので注意が必要です。

まとめ

育毛剤を使い続けるためにも購入前からポイントを確認し、自分にあった育毛剤選びをしましょう。

まずは使ってみないと自分に本当に合っているのかが分からないところはありますので特徴を把握しましょう。

また、30代など若い段階で薄毛を発症している場合には、AGAの可能性が極めて高くなります

自分の頭皮の状態をよく確認したうえで、最適かつ確実な育毛をしていきましょう。