育毛を始めようとネットで調べていれば必ずと言ってよいほど「亜鉛」という単語が出てきます。

この「亜鉛」生え際の発毛に効果があるかと言われれば効果はあります。

むしろ、亜鉛を摂らなければ生え際でなくても発毛はできません。

では、亜鉛と発毛との関係はどうなっているのか解説していきます。

亜鉛はタンパク質のサポーター

髪の主成分はご存知でしょうか?

そう、タンパク質です。髪の90%以上はタンパク質で構成されています。

たまに勘違いされる方がいるのですが、亜鉛だけを摂取しても育毛はできません。

タンパク質あっての亜鉛なのです。主成分を聞けば当たり前ですよね?

少し詳しくお話すると、 毛髪の主成分はケラチンというタンパク質になります。亜鉛が不足するとこのケラチンを合成することがうまくいかないため、弱々しく脱毛しやすい髪になってしまうのです。

亜鉛にはAGAを抑える働きがある?

AGAと呼ばれる男性型脱毛症。これは男性ホルモン(テストステロン)が体内の5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されて起こる脱毛症のことです。

亜鉛は5αリダクターゼを抑える働きがあります。すなわち、AGAにも効果があるのです。

亜鉛は不足しがち

亜鉛は体内で生成できません。

身体や髪に大きな影響を与える亜鉛ですが、現代人は不足しがちと言われています。

摂取量の目安は成人男性が1日12mg~15mg。しかしほとんどの人は、1日の摂取量の半分ほどしか取れていないと言われています。

亜鉛は摂取しても消費してしまいがちで、半分しか取れていないと言われる原因としては、

  • ストレスによる亜鉛の消費。
  • お酒のアルコール分解の際に亜鉛を消費。
  • 仕事や運動などの疲れの際に亜鉛を消費。
  • 射精をした際に体外に排出。

様々な理由がありますが、生活習慣の乱れやストレスによって知らず知らずのうちに消費しているのです。

また亜鉛は、

  1. 生命の維持
  2. 精子の生成
  3. 髪の組織の生成

の順に使われていきます。

そのため、髪の生成まで亜鉛を使う余裕がなくなってしまい徐々にはげてくるのです。

亜鉛は食品からなかなか摂れない?

Oyster seafood lemon fresh mussel asia appetizer

代表的なものとしてはカキ、うなぎ、レバー肉、牛モモ肉などがあります。

1日の摂取量12mgをこの食品で摂ろうと考えた場合、カキは5~6個、レバー肉だと200g、牛モモ肉だと300g必要になります。

カキは特別亜鉛の含有量が多い食品のため、 1日で摂れそうな感じではありますが、特に肉類はかなり食べないと1日の亜鉛摂取量まで摂ることは難しいということはわかるでしょうか。

肉300g毎日食べれるよ。という方も稀にいますが、肉は脂質も豊富に含んでいるため、太るだけではなく毛穴に脂が溜まり育毛の阻害になるので食べ過ぎるのはやめてくださいね。

まとめ

亜鉛生え際発毛には欠かせない栄養素ではありますが、発毛剤みたいな薬ではありません。

毎日カキを5~6個や肉を300gなど食べるのが大変という人が多いと思います。また、上にも書きましたが肉ばかりを食べ過ぎると毛穴が詰まるのでやめてくださいね。なので、不足分をサプリメントで摂取をしていきましょう。

食事で足りない亜鉛はサプリメントで摂取することをおすすめしますが、しっかり食事をとってからのサプリメントでないと体を壊してしまいますので気をつけてください。

私も昔、薬のようなものと勘違いしてしまいサプリメントを飲んでいましたが、やはりしっかりと食事を取らないと効果がないんだなと実感したことがあります。サプリメントの摂取には十分気をつけてください。