あなたは頭皮生え際から出ているフケに悩まされてはいませんか?

このフケの出る状態を放置しているとハゲる原因になる可能性もあります。

そもそも何故フケが出てくるのか、原因と解決策をまとめてみました。

頭皮からフケが出る原因と対策

フケには2種類あり、脂性フケと乾性フケがあります。

脂性フケ

原因としては、

  1. 食生活の乱れ。
  2. 洗髪回数が少ないor多すぎる。
  3. 睡眠不足。
  4. ホルモンバランスの乱れ。
  5. ストレス。

脂性フケの特徴としては、フケが大きくベタついること。

改善するには生活習慣の見直しをすること。

 

乾性フケ

原因としては、

  1. 食生活の乱れ。
  2. 洗浄力が強い強力なシャンプーの使用or洗髪回数が多すぎる。
  3. ストレス。
  4. 運動不足。
  5. カビなどの細菌。
  6. 頭皮環境の悪化。

この中で最も多い乾性フケの原因としては洗髪回数が多すぎることがあります。

洗髪をしすぎることにより、必要な脂までも洗い流してしまい、頭皮が乾燥しフケが出る。フケが出るからまた洗髪をよくしようと考え更に悪化と悪循環になることがあります。

乾性フケの特徴としてはカサカサしており、粉を吹いたようにパサパサしているのが特徴です。

乾性フケも脂性フケと同様、生活習慣の見直しを行ってください。

脂性フケとは違い乾性フケの主な原因はシャンプーのしすぎなので、必要以上にシャンプーをしないように心がけましょう。

シャンプー前の1分間のシャワーを心がけ、すごく汚れている場合を除き、2、3日に1度のシャンプーで十分です。

まとめ

フケには2種類存在しますが、頭皮の抜け毛に直結するのは脂性フケです。

皮脂が残ったままだと酸化を起こし、毛根の働きを弱め抜け毛に直結するのです。

また、皮脂成分が過剰に残ったままだと真菌のマラセチアが繁殖し、更にフケの発生原因になってしまいます。

まずはフケがどちらのタイプなのかを見極め、早急に対応していくことが重要です。