薄毛の原因によっては非常に進行が早い事があります。

時には1年の間にかなり薄くなってしまう事がありますので、緊急事態に陥ってしまう事もあるものですが、その原因の一つになり得るのがAGAです。

AGAが発症した場合、生え際や頭頂部、もしくは双方から同時に薄くなっていくのですが、人によっては短期間でかなり薄毛が進行してしまいます。

対策を行わないとさらに症状が進行していきますので、薄毛が気になる時には早めの対策が必須になります。

ただ、対策と言っても育毛剤に頼る対策方法ではあまり効果がありません。
AGAによる薄毛の場合ですと、男性ホルモンが変質した強力な脱毛物質が高濃度に見られているのですが、まずは薄毛の原因となっている脱毛物質へのアプローチが必要になるのです。

市販の育毛剤では脱毛物質の増加を食い止める事はできませんので、対策を行っても症状が改善されない事が殆どです。

効果的な対策を行う為には脱毛物質を抑える作用のある医薬品治療薬の利用が欠かせないと言えます。

治療薬を活用する事で脱毛物質の生成を抑える事ができますので、それによって抜け毛の増加を食い止める事ができますし、発毛し易い頭皮状態へと導く事ができます。

ただ、治療薬には脱毛物質を抑える為の力しかありませんので、発毛を促進する為の対策も必要になるのですが、そこで初めて育毛剤が役立ちます。

育毛剤で毛根の働きを良くする事で発毛し易くなりますので、併用して活用してみると良いでしょう。

因みに育毛剤には沢山の種類があり、それぞれによって作用が違っていますが、より効果的な対策にしたい時には血管拡張作用のある育毛剤が最も効果が高いとされています。

血管拡張作用のある育毛剤は血管を拡げて血流量をアップさせ、毛根の働きを活性化させる事ができるのですが、医学的にも高い効果があると認められていますので、一層効果的な対策を行えるようになります。

実際、病院でAGAの治療を受ける際には治療薬と血管拡張作用のある育毛剤を処方される事もありますので、AGA対策として打って付けの組み合わせですね。