あなたはよく髪を触る癖を持っていないでしょうか?もしも髪をよく触っているのならすぐに止めましょう。

髪を触っているだけで生え際が後退する原因になってしまいます。では何故髪を触っていると生え際が後退してしまうのか解説していきます。

髪を触りすぎるとハゲる?

結論からお話すると、汚れた手で触ることにより菌が繁殖し炎症を起こす引き金になってしまうのです。

また、むやみに触ることで指にひっかかるなどの物理的に抜け毛が増える原因にもなってしまいます。

手のひらには肉眼では見えない数多くの菌が付着していて、消毒液を使って殺菌をしているから大丈夫と思っていたとしても手のしわの間に菌が付着しているため完全には落ちません。

生え際は特に男性ホルモンの影響が強く皮脂の分泌が多い箇所になるため、菌が繁殖するには最高の環境なのです。

生え際村長も癖で生え際をよく触ってしまうのですが、髪が徐々に抜けているのがよくわかりました。

また、触っていることにより額にニキビができ、生え際が痛いという事態にもなったことがあります。

この癖を直したらニキビができなくなったので、この行為が大きく関係しているのだと実感しました。

改善する方法とは?

まず第一に髪を触る癖を直しましょう。これが最優先です。

次にポイントになってくるのは頭皮環境を改善することです。

頭皮に菌が繁殖してしまっていますので、シャンプーで頭皮をきれいにすることが重要になってきます。

ただし、洗い方を間違えてしまうと逆に頭皮環境の悪化につながってしまいます。

また、育毛剤を使うことにより頭皮環境を改善することができます。

育毛剤には頭皮のフケや痒み、炎症を抑えるほか保湿効果もあるので、育毛剤をつけるだけで頭皮環境を改善することができます。

まとめ

生え際が薄くなりだすと確認のために髪を触ってしまう気持ちもわかりますが、その行為をやめるだけで抜け毛を減らすことができます。

抜け毛を防ぐにはまずシャンプーの使い方を見直してみましょう。

生え際の後退が進んでしまっている場合、育毛剤を使うのは良いのですがシャンプーの使い方も一緒に改善しなくては意味がないので気をつけてください。