筋トレをするとハゲるという都市伝説めいた噂が存在します。

これが事実ならプロスポーツ選手やアスリートは全員ハゲになっていなくてはおかしい。

ですが実際問題、全員がハゲになるということはありませんよね。

どうしてこのような噂が流れているのか、火のないところに煙は立たないので、その理由についてまとめてみました。

筋トレでハゲるの真実

筋トレをすると ハゲやすくなるのは事実です。が、必ずハゲるとは限りません。

何故、ハゲる人とハゲない人がいるかというと、男性ホルモンを体内でどうするかがこの話題のキモになります。

筋トレをするとハゲると言われるのは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが筋トレをすることにより増加するためです。

男性ホルモンは筋肉の増強に必要なホルモンで、だからこそ女性よりも男性の方が筋肉質になりやすく重要なホルモンと言えます。

男性ホルモンは体内の5αリダクターゼと呼ばれる細胞内酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変換されたとき、このDHTがハゲの進行を促進させるのです。

筋トレをしても、この5αリダクターゼと結合するかどうかがハゲるかハゲないかのキモになるのです。

こんな人はハゲやすい

筋トレをしてハゲやすい人かどうかは、

  1. すでにAGAの疑いがあるか
  2. 栄養が不足していないか

で決まります。

 すでにAGAの疑いがある場合

このような場合、体内の5αリダクターゼの量が多く、DHTに変換しやすい体になっています。

このような人が筋トレをすると男性ホルモンが増え、大量のDHTが生成されてしまうので一気にハゲるといったことも起こります。

栄養が不足している場合

髪はタンパク質で出来ているため、しっかりとタンパク質を摂取しておかないと筋トレをした時に筋肉の回復でタンパク質を使われてしまい、足らなくなる場合があります。

また、髪の生成にはタンパク質以外にもビタミンなどの栄養素が必要なので、プロテインでタンパク質を補給しつつ食事も欠かさないように気をつけましょう。

まとめ

筋トレをするとハゲると言われているのは、男性ホルモンが増加するという理由から来ていますが、男性ホルモンは直接ハゲとは関係を持っていません。

ハゲる人の特徴はAGAの疑いがあるか、栄養が足りているかの2パターンなので、筋トレをする際にはこれに気をつけましょう。

筋トレをしたいけどハゲたくない場合、AGAを抑制する効果のある育毛剤を選んで使えば、たとえムキムキマッチョにしようと考えていても筋トレによってハゲることはありません。

スポーツをやられている方は考えてみてもいいのではないでしょうか?