お茶育毛効果があるというのはよく聞く話ではあります。

お茶は育毛意外にも健康に良いだとか、寿命が延びるだとか聞きますね。

お茶と育毛効果の関係で気になったのは、「 お茶を飲むと育毛できる」というものと「 お茶で洗髪をすると髪に良い」といったものの2種類です。

何故お茶がこれほど体に良いと言われているのか、お茶の成分から検証してみようと思います。

お茶を飲むと育毛効果はあるのか?

お茶に含まれる成分で有名なのは「 カテキン」ですね。

実はこのカテキン、生え際や頭頂部の薄毛の原因になるAGA(男性型脱毛症)を抑制する効果があるのです。

また、お茶に含まれるカフェインもAGAに効果があり、緑茶に至ってはコーヒーよりもカフェイン量が多いため育毛には緑茶が良いのです。

他にもお茶の成分で注目したいのは ビタミンとミネラルが豊富なところ。

育毛をする時に欠かせない亜鉛やタンパク質といった栄養を吸収するためにはビタミンやミネラルが欠かせません。

毎回調理して食べなければいけないものではないため、飲むだけという手軽さがお茶の良いところと言えます。

お茶で洗髪すると髪に良いのか?

お茶にはミネラルが豊富をお話しましたが、これを髪に直接かけてミネラルを直に吸収させようというのがこの噂の実態です。

また、お茶は脂分を分解してくれる効果があるので、頭皮の毛穴の詰まり予防にも適していると言えます。

ただ、毎回お茶を沸かして冷まし、お風呂場まで持っていき頭から被る。これはかなりの手間ではないでしょうか?

これでかなりの効果が期待できるならやる価値はあるのかもしれませんが、果たしてどれほどの効果があるかはわからないほど微々たるもの。

かなりの効果が期待できるのなら、全部の育毛剤の中にお茶の成分が入っているのが普通ではないか、ということからも費用対効果、時間帯効果が悪いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

お茶育毛効果が高いのは成分を見てみても本当のことだと言えます。

生え際村長も緑茶を空いた時間に飲んでいますが、手間暇がかからず飲むだけでいいので簡単な育毛手段の1つと言えるでしょう。

ただし、緑茶を飲んでいただけで育毛が可能なら誰も苦労はしていませんので、生活習慣の見直しと自分に合った育毛剤選びをするのが育毛の第一歩だと思います。