体毛濃いハゲるという噂があります。

生え際村長は生え際がヤバいのプラス確かに体毛が濃いです。

体毛が濃すぎて大学時代に友人の見せ物になっていました(笑)陰では結構ショックでしたけどね…。

しかし、友人に体毛は薄いけどハゲかかっているのもいたので、体毛が薄い人は絶対にハゲないということはないみたいです。

では、体毛が濃いとハゲるは嘘なのか?実際のところはどうなのか解説をしていきます。

体毛が濃いとハゲるは嘘?

体毛が濃いとハゲると言われている根本的な理由は男性ホルモンに関わってきています。

男性ホルモンは骨や筋肉を強くしたり精子を作ったりと男性にとって重要な役割を持っていますが、体毛を濃くする働きもあります。

そのため体毛が濃い人は男性ホルモンが多く、ハゲやすいと思われているのです。

しかし、実際のところは男性ホルモン量とハゲは関係がなく、そのため体毛が濃いからハゲるということは必ずしもないのです。

抜け毛が増える原因は男性ホルモンの影響と思われている人が多いのですが、男性ホルモンは間接的に関わっているだけで直接抜け毛の要因にはなっていません。

男性ホルモンのテストステロンのが細胞内酵素の5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンが生成され、始めて抜け毛が増えてきます。

体毛が濃く男性ホルモンが多いからといって必ずしもハゲるとは限らないのは、 細胞内酵素の5αリダクターゼと結合しやすい体質かどうかの方が関わってきます。

そのため、育毛剤には男性ホルモンを抑える効果ではなく、5αリダクターゼを抑える効果が配合されています。

しかし、男性ホルモンをたくさん持っている人の細胞内酵素5αリダクターゼが結合しやすければそれだけ早くハゲやすくなるのは事実なので、体毛が濃い人はハゲやすいと言えるのではないでしょう。

まとめ

体毛濃いハゲるのは半分正解の半分間違いです。必ずしもハゲるわけではないですが、ハゲやすいのは事実です。

この細胞内酵素を抑えることができるのはノコギリヤシや亜鉛、オウゴンエキスといった栄養成分になり、AGAの抑制をすることができます。

そのため、体毛が濃い人はこれらを取り入れていくのが効果的だと言えます。

抜け毛が気になる人はノコギリヤシや亜鉛成分の入ったサプリメント付き育毛剤があるので、使ってみるといいでしょう。