髪を乾かすときにほとんどの人はドライヤーを使っていると思います。

このドライヤーの使い方で生え際の薄毛になってしまう可能性があるとしたら大変ですよね?

使い方次第で髪にダメージを与えてしまうので、ドライヤーの使う時のポイントを押さえておきましょう。

ドライヤーを使うときのポイント

まずはタオルでよく水気を拭き取ります。

タオルドライをしっかりとしないとなかなか乾燥せず、長時間髪に熱風を当てることになり髪を傷めることになってしまいます。

また、地肌は長時間当てられることによって乾燥してしまい、乾燥すると頭皮を守るために過剰な皮脂が分泌されてしまいます。

余計な皮脂は毛穴のつまり、ニキビやかゆみにつながります。

ここでポイントになるのは、乾かす時は出来るだけ短時間でササッと乾かすことを意識してください。

ドライヤーを使う際は同じ所にずっと当てることをやってはいけません。

ずっと同じところに当てていると温度がどんどん上昇していきます。頭皮の細胞は60℃を越えたあたりから徐々に死んでしまいます。死んでしまえば薄毛・抜け毛の原因にもなりますし、もう2度と髪が生えてこなくなってしまうこともあります。

さらに熱によるダメージで髪の艶であるキューティクルが破壊されてしまい、髪のボリュームがなくなる原因になります。

ドライヤーを使う際は必ず手を伸ばして離れた位置から使うようにしましょう。

たまに自然乾燥で髪を乾かすという人がいますが、自然乾燥だと頭皮は湿ったままのため菌が繁殖してしまい、頭皮環境が悪化するのはもちろんフケ、炎症、かゆみの原因になります。

余談ですが、最近になってナノケアドライヤーを使い始めたのですが、これが不思議なくらい温風を髪にあてても熱くなりませんでした。ナノイー成分が髪のキューティクルの密着性を高めて綺麗な髪に仕上げるみたいです。

ドライヤー自体も髪に良いのを使いたいという場合は参考にしてください。