オナ禁をするとM字ハゲは治るという都市伝説を聞いたことがあります。

この都市伝説の噂の元はなんなのか。

オナ禁とM字の関係性についてまとめてみました。

オナニーをすると男性ホルモンは増える

M字ハゲに関わってくる要素の1つとしてAGAがあります。このAGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの影響で脱毛因子に変化するのが原因げハゲるというもの。男性ホルモンが多ければM字になりやすいということです。

オナニーをすると男性ホルモンが分泌されるという事実があるためAGAと関わっている。そのためM字ハゲとも関わっているという流れです。

たしかに合理的ではあるのですが、同い年の人が毎日同じ回数のオナニーをした場合は同じようにハゲるのかというと、答えはNo。

確かにオナニーをすれば男性ホルモンは増えるので少なからずAGAに関与はしています。

しかし、オナニーをした時に分泌する男性ホルモン量は人によって大差ないという実験結果があります。

ということは、人によってハゲる早さが異なるのは、生まれた時の時点で5αリダクターゼが結合しやすいか、酵素が多いかが関係してきます。

オナ禁の問題点

オナ禁の最大の問題はストレスが溜まること。

オナ禁をすればM字ハゲともおさらばだと思い、オナ禁を開始。徐々にストレスが溜まって逆に抜け毛が多くなってきた。

こんな人も多く、そのためにオナ禁でM字が治る、治らないと都市伝説のように言われるのです。

そのため、ストレスが溜まるくらいならオナ禁はしないほうがいいですし、ハゲやすいかハゲにくいかは生まれた時に決まっています。

まとめ

ぶっちゃけオナ禁をしてもM字に「ハゲる人はハゲるし、ハゲない人はハゲない」です。ならいっそのこと、オナ禁しなくてもいいんじゃね?という結論です。

オナニーをしても大して結果は変わらないですが、欠かしてはいけないことは5αリダクターゼをうまく阻害してやること。

ブブカやチャップアップ、プロペシアに含まれるノコギリヤシなどは5αリダクターゼを抑制する効果があります。

亜鉛もAGAを防ぐのに役立つ成分の一つですが、精子の生成にも関与している成分なので重要な成分と言えるでしょう。ブブカやチャップアップのサプリには亜鉛も含まれていますので、もしも心配だという場合はAGAを抑えるサプリメントも一緒にとって思う存分オナニーをすればいいと思いますよ。