アトピーは人によって体のいたるところで発症する症状で、生え際周辺がアトピー症状になってしまうと抜け毛が増える原因になることがあります。

アトピーになると肌が炎症を起こして頭皮トラブルの原因に繋がり、また痒みが発生するため無意識に掻いてしまうことで抜け毛が増えていきます。

アトピーの人が生え際抜け毛対策をするときは頭皮環境の改善と保湿を意識することが重要になってきます。アトピーの人の抜け毛対策をまとめてみましたので参考にしてみてください。

シャンプーの選び方と使い方

まず考えることはシャンプーがあっているかどうかということ。

アトピーで悩んでいる方はシャンプーにも既に気を使われているかもしれません。自分に合っているシャンプーでしたらそのまま使い続けましょう。

アトピーの人が特に気をつけなくてはいけないことはシャンプーの洗浄力が強すぎないかどうかということ。

シャンプーの内容成分にラウリル硫酸が含まれているものは注意が必要です。

また、よくTVとかで紹介されているようなものも同様に洗浄力が強いものが多いので、頭皮に必要な皮脂も取りすぎてしまう原因になります。

アトピーの人はシャンプーを変えただけでも効果があったという場合もありますので、選ぶ際に洗浄力が強すぎないかを意識してみましょう。

また、シャンプーをしすぎていると同様にアトピーの進行を増長してしまうことがあるので注意が必要です。

頭皮の汚れや皮脂を落とすためにゴシゴシ洗いすぎる人がいますが、これも間違ったシャンプー選びほどによくありません。

育毛剤を使う

生え際抜け毛に悩んでいる場合は育毛剤を使ったほうが効果が期待できます。

育毛剤を使うことのメリットとして、育毛効果の他にも抗炎症と保湿の効果も期待できるのでアトピー予防にも繋がります。

全ての育毛剤には抗炎症と保湿の効果の成分は配合されています。これは、育毛をするにあたって頭皮環境がどれだけ大事かがわかる要因と言えるでしょう。

ただ、生え際の抜け毛となると「オウゴンエキス」といったAGA抑制成分が配合された育毛剤を選ぶ必要があります。

オウゴンエキスはAGAの原因になる5αリダクターゼの酵素の働きを抑制するため、生え際の抜け毛を防ぐことができるのです。

まとめ

アトピー生え際抜け毛に悩んでいる方は、シャンプーと育毛剤を見直すところから始めてみましょう。

シャンプーの選び方と使い方を見直すだけで劇的に効果があったという友人もいますので、洗浄力が強すぎないものを使うと頭の片隅に置いておいてください。

また、すでに抜け毛に悩んでいるなら育毛剤を使ってみるのも良いでしょう。

育毛剤の保湿効果もアトピーには期待できますので、本気で悩んでいる場合は1つの手段になるでしょう。