30代と言う若さで生え際から髪が後退していく・・・頭頂部が透けて地肌が見えるようになっていく・・・。これは近い将来ハゲ確定か!?

割り切ってしまっているのか、諦めてしまっているのか、別に気にしないという方も中にはいらっしゃいますが、ハゲるかハゲないかは多くの男性が気にしてしまいます。

Hair loss problem

このサイトを見にきてくれたあなたも、

  • 「人の視線が気になっている」
  • 「シャンプーのたびに抜け毛が酷い」
  • 「会社の上司や同僚にからかわれる」
  • 「恋愛も積極的になれないし婚活などでも絶対不利!」
  • 「親がはげていたら子供がいじめられるのではないか?」

など上げだしたらきりがありませんが、様々な悩みで30代と言う若さでの薄毛を案じて育毛情報を調べているのではないでしょうか。

ネットなどでも「また髪の話」と盛り上がったり、世間の注目を常に集めてしまいます。年取ってから薄くなるはげとは違って、若いうちは非常に目立ちますから変に隠すのが難しいのも問題です。

このサイトでは主に30代からの髪の毛の状態や抜け毛の原因にフォーカスをして、最適な育毛方法や本当に発毛するために必要な育毛剤、何が一番確実なのかを検証しまとめていく情報サイトになっています。

【重要なこと】市販の育毛剤にホイホイ飛びついても、あなたに本当に効くとは限りません。

髪が抜けるのも薄くなるのも、すべて原因があって結果があります。生やすためには、原因を把握して必要な成分が配合されてる育毛剤を使わなければ意味がないのです。あの人には効いたみたいだし評判もいいから買ってみよう・・・では失敗する危険性が極めて高いことを知ってほしいです。

育毛剤は多くの人が手にしていますが、ほとんどの人は効果を得られずに次の育毛剤を買いあさる難民と化しています。それもそのはず、薄毛の原因は人によって違い、特に30代などの若いうちにハゲるのは本来ありえないことなので明確な理由があると考えるべきなのです。

効かない育毛剤にたらいまわしにされることなく、1日でも早くハゲの不安を克服したい方のみコンテンツをご覧いただければと思います。

>>30代で薄毛治療した管理人の思いと育毛の経過写真はこちら

30代からの薄毛はほぼAGAが原因!AGAって何?

薄毛を克服するには、まずは原因を知り最適な手法を取り入れるのが大切です。闇雲に育毛剤を使っても効果があるものではありません。

30代と言う若さでハゲてしまう原因はAGA(男性型の脱毛症)が主な主原因。医学的にも解明が進んでおり、対策方法も確立してきています。

まずAGAの特徴として上げられるのが、以下のような傾向の薄毛になること。

  • 生え際が後退しM字になってきてる
  • 頭頂部が薄くなりてっぺんから広がる
  • 前頭部から頭頂部にかけて、両側を残してハゲが進行

30代ハゲ

※円形脱毛などの脱毛では後頭部とか関係ない位置も抜けますし、他はふさふさしてる場合は一時的なストレスや皮膚の病気などで抜け落ちているケースが多く、すぐにAGA専門クリニックで頭皮の専門医に診てもらうことをおすすめします。

では、次になぜ薄くなるのか?人間の毛にはヘアサイクルというものがあり、一定の周期で生え替わっています。

このヘアサイクルには次の3つの段階があります。

  • 成長期・・・髪の毛が成長する(2年~6年)
  • 退行期・・・髪の毛の成長が止まる(約2週間)
  • 休止期・・・髪の毛が抜けるのを待っている(約3ヶ月)

30daicycle

で、このヘアサイクルが正常な間は大丈夫なんですが、男性ホルモンの影響で「成長期が短くなってしまう」ことがあります。

成長期が短くなると、髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまうので、細く弱々しい毛のまま抜けてしまいます。

つまり、硬毛になるはずの髪の毛が軟毛のまま抜けてしまうわけです。さらにひどくなると髪の毛がほとんど成長しなくなり、皮膚の表面から出てくる前に抜けてしまうようになります。

先ほど30代の薄毛はAGAが主原因と書きましたが、髪の毛の寿命は普通なら50年以上の生え変わりのサイクルを繰り返していくものです。加齢により薄毛になる40代、50代なら細胞の衰えも疑いますが、まだ各部の細胞も元気な30代に薄毛になるのは本来イレギュラーなことです。このため加齢以外にヘアサイクルを狂わせる要因が働いていることをまずは疑うべき。

全体として成長期にある髪が通常より少なくなり、退行期や休止期の髪が増えている状態がAGAなんです。

なぜ髪の毛の成長周期が短くなるとやばいのか??

髪の毛を作る毛母細胞の成長期には寿命(細胞分裂ができる限度)があることが分かっています。

この毛母細胞・成長期の寿命が短くなることでどうなってしまうのか?

例えば毛母細胞の寿命が20回生え変わったときだと設定します。これが5年の毛周期であれば、5掛ける20で100年成長を続けられる計算になります。

しかしこの成長期が2年と短くなったらどうでしょうか?単純に2年掛ける細胞の寿命の20回とすると40年で死んでしまうことになります。

つまりそれ以降は何をどう頑張っても自分の髪を生やすことはできず、植毛やカツラに頼るしかなくなるということ。

この成長期の寿命が短くなることがAGAの最大の問題点であり、将来に向けてのハゲを確約させてしまっているようなものなのです。

ではこの毛周期の寿命を縮めている原因はなにか?

Virus cells, bacteria

AGAの主原因とされるのはDHTジヒドロテストステロンであることが分かっています。

これは男性ホルモンのテストステロンが、頭皮の細胞内にある「5αリダクターゼ酵素」と結合することでできてしまうもの。DHTが髪を作る毛母細胞・毛乳頭細胞にダメージを与え毛周期を遅らせてしまうことが分かっているのです。

男性ホルモンが由来で薄毛になるというのはこれが正体で、厳密にホルモンではなくホルモンが変化してできる物質なのですね。ホルモンの多い少ないが原因ではなくて、5αリダクターゼ酵素と結びついたDHTが多い人がはげるということ。

ハゲは遺伝するという話がありますが、ホルモンと酵素の結合しやすい体質(感受性)と呼ばれるものが強いか弱いかの違いを受け継いでいるだけ。はげない人とハゲル人に分かれるのはこのためで、男性ホルモンが多かろうと少なかろうと、DHTの影響を受けやすい人はハゲる・受けにくい人ははげにくいということなのです。

もちろん髪の毛の成長に必要な栄養素や頭皮環境、生活習慣なども絡んでくるのですが、抜け毛の諸悪の根源であるDHTをまずは倒すこと。これが無ければ薄毛は根本的になおらないのです。

ではこのDHTを抑制するためにはいったい何が効果があるのか?そこでAGA治療クリニックで用いられるのがプロペシアという育毛剤です。

プロペシアがAGAに効く理由はDHTを抑制するから

p1150459

プロペシアがAGAに効くのはその主成分です。フィナステリドという成分がDHTの生成に欠かせない5αリダクターゼとの結合を阻害してくれるのです。つまり、AGAの原因であるDHTを抑制できるので抜け毛が減り、症状の改善につながるわけです。

はげの原因の多くがAGAと言われているので、プロペシアを使うことでDHTの生成が抑制されれば生え際の後退は収まってくるのです。

市販の育毛剤などでは効果が薄いと言われているのは、このDHTを抑制できるだけの効果が非常に弱いためです。一応実験で抑制効果の認められた天然成分はいくつかあるのですが、そもそも自然のまま使っていたりするので効果自体は微力で目に見えた薄毛治療効果が薄いです。

気になるプロペシアの副作用について

プロペシアはDHTを抑えられることからAGA治療には欠かせない薬ですが、懸念されるのが男性機能に関する副作用です。というのはこちらの薬、元々は前立腺肥大症患者の治療薬として用いられた過去があるからです。実際に治療中に性欲が減退したなどの口コミも寄せられています。

しかしある実験結果によると、性欲減退というのは薬の成分が原因ではなく、そうなるかもしれないという精神的な要素が強い可能性が指摘されています。

プロペシアというのは、男性ホルモンそのものを抑え込んでしまうのではありません。男性ホルモンと結びついてDHTに変化する原因となる、5αリダクターゼ還元酵素を抑制するにすぎないため、男性の機能に必要なホルモン自体には理論上影響がない薬効であるのです。

もちろん個人差はあるのですが、そもそも男性機能は精神的なものに大きく左右されるものなので、発毛治療薬のせいである可能性は極めて低いのが現状。

副作用を恐れずに確実な薄毛治療をするために

最も確実で安全に薄毛治療したいならば、まずは薄毛の専門医へ相談するのが一番です。

30代で薄毛治療する前に必要なのは、本来まだ健康なはずの頭皮の細胞が、何が原因で抜け毛が増えて薄毛に至っているのかを突き止めること。これは素人では判断できません。

人によって薄毛は原因も進行度も違うものであり、必要な育毛治療の方法も、処方すべき育毛剤の種類も異なってくるものです。

専門医であれば事前に血液検査などで副作用の有無を調べたうえで、薄毛の症状に合ったものを診断して処方してくれるため、安全かつ確実な手法です。実際に費用も育毛剤をネットで買うのと変わらず、むしろ返金保証を設けているクリニックもあるので無駄な出費をせずに薄毛治療できます。

AGAクリニックの欠点としては、まだまだ関東都心部に集中しており、地方に少ないことが挙げられます。もしも地方で治療を受ける場合には、3万症例以上を手掛ける専門医師 薄毛治療のヘアメディカルなどでは主要都市(東京・名古屋・大阪・福岡)にて展開しています。

一般の市販育毛剤では30代の薄毛には効果が薄いのか?

p1060063

育毛といえば誰もが育毛剤を思い浮かぶように、ネットをはじめとして薬局などにも非常にたくさんの育毛剤が販売されていますよね。

手軽だし仕事も忙しくなる30代の育毛活動においては、クリニックに通っている時間もないため育毛剤で何とか改善できないものかと考える人は多いと思います。

さらに気になるのは、医薬品による副作用ですね。どうしても副作用が気になるという場合には、市販の育毛剤によって育毛治療をしている人もいます

しかし市販育毛剤は副作用がない代わりに効果も弱いため、自分に合ったものや成分がしっかり入った育毛剤を使わねば治療できません。大層な謳い文句が並んだ育毛剤が目立つのですが、以外にも細かく成分を記載してどんな人に使うべきなのかを明示しているものはほとんどありません。

薄毛の原因は人によっても年齢によっても異なってくるため、使う人の状況にあった成分を頭皮に浸透させなければ効果は実感できないということになります。

これらの市販育毛剤は効果があるのか?と気になっている人も多いと思います。育毛剤を評価しているサイトはたくさんあるし、ビフォーアフターなどを掲載しているサイトもあります。これらを見ると育毛剤を買って自宅で治療していくだけでも十分なのではないかとも考えられます。

ただし育毛剤と言っても種類は様々・・・かかる費用と時間の割には、効果が保証されていないといのが最大の欠点です

育毛剤治療 病院で治療
 1か月の費用目安  ¥5,000~1万円  ¥1万円から2万円
 効果を実感できる期間  3か月から半年  3か月から半年
 万が一の保証 自己責任

(返金保証付き育毛剤もあり)

 医師の経過観察と、血液検査で副作用や効果を測定

髪の毛の成長は時間がかかるので、どちらも治療に要する期間は同じ。髪の毛の成長スピード自体はそこまで変わるものはありませんし、地毛植毛とかするのでなければ突然髪の毛がニョキニョキ生えてきたりはしませんからね。

薄毛治療にかかる費用は確かに病院治療が割高です。軽度の薄毛であれば、プロペシアなどの基本処方薬を飲むだけで改善できてしまうため、初診の検査後の通院費用は育毛剤を市販で買うのとほとんど違いがありません。ある程度進行した薄毛の場合には、別途調合された薬を処方されることが多く、費用は3万円程度までひろがることになります。

費用的な面に目をつむれるのであれば、確実なのは病院での治療であることは明確です。医師による医療行為であるため生える可能性は大きく変わってきます。

育毛剤はあくまでも初回分の返品対応にすぎませんが、病院治療では半年後に生えなければ返金保証を設けているところがあり、保障においても大きな違いが生まれてきます。

飲み薬だけの処方であれば、費用は1万円を切り¥7,000円ほどで済むため、高額な市販の育毛剤に手を出すよりも確実で安く治療を受けられる場合もあるのは大きいです。

時間的や立地的な余裕がなく、自宅で育毛するしかないという人のみ、市販の育毛剤を吟味し使い続けていくようにしましょう。

ただし本サイトにおいては30代という若さで時間とお金を無駄にすることがないよう、医師の指導の下確実に薄毛治療をしていくことを推奨しています。

30代男性に最適な薄毛治療育毛剤まとめ

usugeninayamu

30代の薄毛を治したいと真剣に思うのであれば、今までのライフスタイルを冷静に見直しましょう。そこから、改善のヒントを得ていきます。最初から安いヘアケアアイテムを購入したりする前に、自分自身の生活習慣と向き合うことが重要です。食事の栄養面や、睡眠の不足、体を動かしていなかったり、清潔さはどうだったかなど、思い当たる節はあるはずです。

m字はげを良くしたいなら、生活習慣を正して、体の内側からリセットしていくことです。体内の新陳代謝や、血液の巡りをよくしていくこと、肌を清潔にすることなど、できることはいくつもあります。

はげとの決別のために

ハゲを真剣に治したいのであれば、生活習慣を変えていきましょう。髪の毛の修繕と成長は、深夜22時から2時までの、ゴールデンタイムが重要な時間になります。1日を過ごすと、頭皮も汚れてしまいます。夜は必ずシャンプーをして、頭皮も髪の毛もキレイにして、夜の髪の毛の成長時間に有利になるような頭皮環境にしておきます。

良質な睡眠を、できるだけ取るようにしましょう。髪の毛を健康に成長させるために、栄養バランスの整った食事を食べて、不足分は栄養サプリで補いましょう。新陳代謝をアップさせるために、お味噌汁を飲むのも良いでしょう。インスタント食品や、加工品などは、控えたほうが無難です。

本気で薄毛を治したいのであれば、迷わずAGA治療院へ相談すること。最近になって全国展開して地方からでも通いやすいAGAクリニックも増えてきました。通院は1か月に1度で済むので、自分の通える範囲にあるかを確認してみましょう。